たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
koikerina

虫歯・歯周病を予防することで、楽しい人生を送ることができるのです

多くの人は、予防歯科の重要性はわかるが、緊急性がないから、来れないようです。これからは、病気にならないように、予防歯科に力を入れて下さい。

歯を削って詰めたり、被せたりするのは、歯が無くなってしまった部分への後始末です。
その原因を改善して、新たに生じるのを未然に防ぐのが予防歯科なのです。日本人が定期的に歯の検診やクリーニングを受ける割合は、他の予防先進国に比べると非常に低いと言われています。
歯科用ユニット
歯周病はどんな病気かご存じですか?
歯茎が腫れる、血がでる・・・もちろんこの症状も歯周病の症状に当てはまりますが、 一番怖いのは支えになっている顎の骨が溶けてしまうということです。顎の骨が溶けると、歯の支えが無くなり、歯はぐらぐら動いてしまい、最終的には抜け落ちてしまいます。さすがに歯がぐらぐらしてしまうと、不安になって歯科医院に来院いただけると思います。しかし、手遅れの場合もあるのです。歯周病の怖いところは自覚症状がなく、病気が静かに進んでしまうところなのです。成人の約80%が歯周病を患っていると言われています。
歯科材料

歯周病を防ぐにはどうしたらいいの?
まずは歯医者さんに来て歯周病の検査を受けることです。歯を支えている骨の状態、歯肉の状態を検査します。レントゲン写真を撮影し、 同時に歯と歯肉の境目にある溝(歯肉溝)の深さを調べることで歯周病の進行度合いがわかります。検査後、歯周病の治療を行っていきます。

治療後はどうすればいいの?
一度歯の周囲の骨を溶かすほど進行してしまった歯周病は、基本的に症状が落ち着くことがあっても、骨が元の量に戻ることはありません。治療が終わってもそのままにしておくとまた歯石がついて、病気が進行してしまいます。治療前の状態に戻さないためにも、毎日の歯磨きと定期的なクリーニングをお勧めします。
マイクロスコープ 歯科  


  • 2017年01月03日 Posted by koikerina at 17:22Comments(0)

    歯科の予防と管理の重要性

    歯は抜けたり削ったりすると、基本的には元通りには戻りません。それどころか、削った箇所はまた次の虫歯ができやすい状態になってしまいます。そのため、できれば自分の歯は抜かない・削らない方が良いのです。

    では、できるだけ自分の歯を長く保ち、美味しい食事が楽しめる状態で居続けるためには何が重要なのでしょうか。それはもちろん虫歯や歯周病にならないよう、お口の中をいつも清潔にしておくことです。
    オートクレーブ
    毎日の歯磨きはしっかりとできていますか?歯と歯茎の間もきちんとお掃除して、磨き残しがないようになっていますか?・・・歯科では歯磨きの指導はもちろんのこと、ご自宅で使って頂けるフロスや歯間ブラシについてもアドバイスをさせて頂いておりますので、まずは毎日の歯磨きの質を高めるようにしましょう。

    歯科医院でのクリーニングと健診
    ご自宅での毎日の歯磨きはとても重要ですし、一本一本をしっかりと磨けるようになるだけでお口の中の状態は随分と良くなります。しかし、それでも取りきれない汚れというのはあり、それが溜まっていくと虫歯菌や歯周病菌が生息しやすい状態になりかねません。そのため、定期的に歯科医院でクリーニングを受けることが重要で、実際に虫歯や歯周病がなくても良い状態を保つためにお越しになる方は増えています。
    歯科器具

    クリーニングでは細菌の塊や着色汚れが落ちるのはもちろんですが、歯がツルツルになりお口の中がスッキリとして気持ちいいとおっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。なお、クリーニング時には、歯の健診も行いますので、万が一虫歯や歯周病があったとしても早期に治療を受けることができます。
    歯科用オートクレーブ
    クリーニング・定期健診は3~6ヶ月に1回くらいを目安にして頂ければと思いますが、実際には患者さんのお口の中の状態を見て次回お越し頂くまでの期間を調整させて頂くようにしています。できるだけ長く自分の歯で噛み続けられるようにするためにも、今からできることをやっていきましょう。  


  • 2016年12月30日 Posted by koikerina at 17:09Comments(0)

    入れ歯とは、失った歯や歯ぐきの形態と機能を補うための人工的な装置です

    入れ歯とは、失った歯や歯ぐきの形態と機能を補うための人工的な装置です。不幸にも体の一部を失った場合、手を失えば義手、足を失えば義足、目を失えば義眼というような人工的な装置で補うことになります。歯を失うと見た目(社会性)はもちろんですが、お口の機能も低下してしまいます。お口の主な機能には咀嚼(噛むこと)、発音(会話)、嚥下(栄養摂取)、見た目(社会性)などがあります。
    歯科重合用光照射器
    どれも日常生活においてなくてはならない重要な機能です。まだ咬めてるから大丈夫、入れ歯は煩わしいからしたくないという人が残念ながらおられます。人工的な装置を体の一部として使うことは、想像以上につらく困難な事だと思います。最近は入れ歯にも様々な種類があり、今までお使いの入れ歯よりも快適で使い易い入れ歯が作れるようになりました。

    部分入れ歯とは?
    歯が抜けてしまい、ブリッジの適応とならない場合には、部分入れ歯による治療になります。保険治療の場合には金属のバネが付いたタイプの部分入れ歯しかありませんが、保険外治療の場合にはバネが付いていないものなど、様々なタイプのものがあります。また、入れ歯治療は保険内・保険外に関わらず、アゴの骨や歯ぐきの土手の部分が加齢とともにだんだんと痩せて合わなくなるため、定期的な調整が必要です。
    歯科治療器具

    総入れ歯とは?
    歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯(総義歯)による治療になります。健康保険適応の総入れ歯はプラスチックのものしかありませんが、保険外の総入れ歯には様々なタイプのものがあります。また、入れ歯治療は保険内・保険外に関わらず、アゴの骨や歯ぐきの土手の部分が加齢とともにだんだんと痩せて合わなくなるため、定期的な調整が必要です。
    超音波スケーラー
    入れ歯を清潔に保つことは、残っている歯が虫歯や歯周病になるのを防ぎ、歯ぐきや粘膜が炎症を起こすのを防ぐために非常に重要です。入れ歯は流水下で専用のブラシを使って清掃しましょう。 必要に応じて入れ歯洗浄剤を使用し、 磨き砂などの研磨剤は入れ歯を傷付けるので使用しないようにして下さい。また 寝る時は、基本的に義歯は外しておきましょう。   


  • 2016年12月29日 Posted by koikerina at 17:36Comments(0)

    歯周病とは、歯周病菌の感染によって歯のまわりの歯肉と歯槽骨が侵される、炎症性疾患が主体です

    放置しておくと歯を支えている骨が侵され、やがて歯がグラグラし始め、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまいます。更に、1本単位で悪くなる虫歯と違って、歯周病はそれぞれの歯のまわりの環境によって多少の違いはありますが、たいていは歯列全体が進行していきますので、より一層たちが悪い病気と言えます。歯科 タービン 滅菌

    一旦溶けた骨はもとに戻りませんので、少しでも早く治療に着手する必要があります。
    歯周病菌は、歯のまわりに付着した歯垢や歯石、歯周ポケットの中などに生息します。
    口腔内を清潔に保たないと、歯周病菌は繁殖する一方となり、歯周病の発病リスクが高まります。歯周病菌に感染しても、歯周病になるとは限りません。歯周病は、患者様の体質が大きく関係する病気なのです。
    歯科機器 通販

    例えば歯石がついていなくても、重篤な歯周病になってしまう人はたくさんいます。歯周病は一般的に、加齢とともに患者数が増加する傾向にあります。日本中高年の8~9割以上が多かれ少なかれ歯周病にかかっていると言ってもよいでしょう。高齢社会が進行している日本において、認知症にも関与してきますので、歯周病は極めて大きな問題と言えます。また、歯周病は口臭の原因にもなります。口臭に悩んでいる人は、歯周病の治療での口臭の改善が期待できます。生体情報モニター  


  • 2016年12月29日 Posted by koikerina at 17:15Comments(0)

    正しい「予防」は、歯の役割を知ることから

    歯の役割は「食べること」だけではありません。私たちの歯は、次のような役割を担っています。
    咀嚼:食べ物をしっかり噛むことで栄養の効率的な吸収を助け、胃腸など消化器官への負担を軽減します。

    食感:食べ物を噛んだときの「歯ざわり」や「歯ごたえ」が味覚に作用し、食事がよりおいしく感じられます。
    歯科重合用光照射器
    異物の侵入阻止:食べ物の中に石や砂が混入していても、噛むことで異物に気付くことができ、体内に入る前に取り除くことができます。

    バランス:歯がしっかりと噛み合うことで、顔の左右のバランスや全身のバランスが整います。

    定期健診で早期発見に努めましょう
    虫歯や歯周病は初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、痛みや腫れなどを感じるころにはかなり進行してしまっています。「痛くなってから治療すればいい」と思っている方もいらっしゃいますが、一度進行してしまったら、どんなに優れた治療を受けても削った歯やダメージを負った歯周組織が同じように戻ることはありません。虫歯や歯周病の進行具合によっては、歯を失ってしまうこともあります。
    歯科用品

    抜歯が必要になり、歯を失って初めてその大切さを知るということにもなりかねないのです。しかし、予防歯科で適切な口腔ケアを継続して受けることによって、歯を失うリスクは大きく減らすことができます。病気の治療ではなく予防のために通院する――これが、歯を失わないためにできる一番シンプルな方法です。

    定期検診
    お口の中のちょっとした変化をご自分で見つけるのはとても難しいこと。そのため、早期発見にはプロの目による定期的なチェックと歯のクリーニングが欠かせません。定期検診を受けていれば、仮に虫歯や歯周病が見つかってもすぐに処置ができるので、歯へのダメージも最小限に抑えられます。
    超音波スケーラー
    PMTC
    PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は、歯科医院で専門器具を使用して行う歯のクリーニングです。毎日のブラッシングでは落とし切れないプラークや歯石を、歯科衛生士がしっかり除去します。PMTCには虫歯・歯周病予防のほか、歯質の強化や着色汚れの除去といった効果もあります。  


  • 2016年12月28日 Posted by koikerina at 17:43Comments(0)

    歯ぐきから血が出たら歯周病を疑ってください

    「歯みがきをすると歯ぐきから血が出る」といった症状に覚えはありませんか? これは歯周病のおもな症状の一つです。歯周病にかかっている可能性を疑ってください。歯周病は、日本人の成人の約8割がかかっている、または予備軍であるといわれる病気です。悪化すれば歯が抜け落ちてしまうこともあり、実に日本人が歯を失う原因の第1位に挙げられています。大切な歯を守るには、早めの治療・予防が肝心です。
    歯科用オートクレーブ
    歯周病とは、プラーク(歯垢)に棲みつく歯周病菌が歯を支える顎の骨や歯ぐきを徐々に溶かしていく病気です。進行すると歯はグラグラし始め、さらに悪化すれば歯は支えを失って抜け落ちてしまいます。大切なのはできるだけ早く適切な治療を行い、進行を食い止めることなのです。
    歯科 通販

    歯周病はなかなか自覚しにくい病気です。次のような症状に覚えはありませんか? 一度チェックしてみましょう。
    朝起きたとき、口の中がネバネバする
     歯ぐきが赤く腫れている
     歯みがきをすると歯ぐきから血が出る
     硬いものを食べると歯ぐきから血が出る
     歯が長くなったように見える
     歯と歯の間にすき間ができ、食べカスがはさまりやすい
     口臭が気になる
     歯を指で押すとグラグラする
     歯ぐきから血や膿が出ている
    根管長測定器
    歯周病治療の基本となるのは「毎日の正しい歯みがき」です。同時に歯科医院でも専門的な治療を行いますが、いくら治療をしても歯みがきを疎かにすると歯周病を改善することは難しいといえます。  


  • 2016年12月23日 Posted by koikerina at 17:44Comments(0)

    なんと、日本では成人の8割が歯周病にかかる

    みなさんは『歯周病』という言葉を聞いたことがございますか?なんと日本では成人の80%、10人中8人がこの歯周病にかかっていると言われています。この罹患率、すごいと思いませんか?例えばもし、全成人の8割が同時に風邪を引いたなら…。間違いなく世間は大騒ぎになっていると思います。じゃあ8割という高罹患率にもかかわらず、この歯周病がそれほど大騒ぎされていないのはなぜなんでしょうか?
    根管長測定器
    実は歯周病という病気は風邪の急性症状(発熱・せき・寒気等)のようなわかりやすい症状が出にくい慢性疾患だからです。そしてこの自覚症状が無い(気付きにくい)というのが実は大きな問題なんです。自覚症状がない(気付かない)という事は、処置やケアをされないままに症状が進行してしまう可能性が非常に高いという事です。気付いた時には歯周病がかなり進行してしまい歯がグラグラになってしまっているのです。
    歯科器具

    歯周病は口の中にいる細菌によって引き起こされると考えられています。口の中には多くの細菌が棲息し、またその種類も非常に多数存在していることを皆さんはご存知でしたか?これらの細菌は歯の周囲に、あるいは唾液の中に、また舌の上皮の間にも住み着いているのです。その中でも歯肉炎と歯周炎の原因になっているのは、歯に付着して棲息している細菌です。歯に付着している細菌の集まりをプラークと呼んでいます。ですからプラークが病気の原因ということになりますね。プラークの表面を顕微鏡で見た状態です。多数の、そして多種類の細菌がからみ合っているのがわかると思います。
    超音波洗浄機 歯科
    歯は、歯茎や歯槽骨などの歯周組織といわれるものの支持によりその位置を保っています。そして歯と歯茎との間にはポケットと呼ばれる溝があり、お口の細菌(ここでは歯周病菌)はこのポケット内にも棲息しています。そしてこのポケット内の清掃が不良の状態になると細菌はプラークを形成し、内毒素、酵素、抗原などの組織破壊物質を量産し、歯周組織を少しずつ破壊していく実はこわーい病気なんです。

      


  • 2016年12月22日 Posted by koikerina at 17:30Comments(0)

    知っておきたい歯周病のこと

    歯周病は歯を支える組織(歯ぐきや顎の骨など)に炎症を引き起こす恐ろしい病気です。初期のうちはほとんど自覚症状がなく、知らない間に進行していくので「沈黙の病気」とも呼ばれています。歯ぐきに炎症を起こし、徐々に顎の骨を溶かしていきます。早期に発見できれば影響は小さく済みますが、放置しておくと歯を失うだけでなく全身にも悪影響をおよぼす恐れがあります。
    スリーウェイシリンジ
    歯周病の主な原因は、歯垢(プラーク)の中にいる歯周病菌によるものです。歯周病菌は歯ぐきと歯の間(歯周ポケット)の深部に棲みつき、歯垢内で毒素を排出して周囲に炎症を引き起こします。また、歯周病菌が排出する毒素は血液を介して全身に運ばれることで、さまざまな悪影響をおよぼします。例えば、心臓病や脳血管障害・肺炎・低出生体重児の出産など。一見すると口腔内とは関係ないと思われがちですが、実は歯周病が原因となって引き起こされている場合があるのです。なお、歯周病菌以外にも歯周病を引き起こす原因として、ストレスや疲労・加齢・糖尿病などの持病・乱れた食生活・喫煙などが挙げられます。歯周病は細菌感染だけでなく、さまざまな要素が連鎖して引き起こされるのです。

    歯肉炎
    歯の根元に付着した歯垢が固まり歯石となってこびり付いている状態です。歯ぐきが腫れたりブラッシング時に出血したりします。炎症は歯ぐきまでにとどまっているので、適切な処置をすれば健康な状態に戻ります。
    歯科用材料

    軽度歯周炎
    歯周ポケットが深くなり、炎症が進んだ状態です。徐々に歯ぐきが下がるので歯の間にすき間ができ始めます。歯周ポケットの中までブラッシングはできないので、専用の器具を用いて歯垢を除去する必要があります。

    中度歯周炎
    歯周ポケットがさらに深くなり、顎の骨が溶け始めます。歯がグラグラし、膿が出ることもあります。これ以上放置しておくと歯が抜け落ちてしまう可能性があります。
    マイクロモーター
    重度歯周炎
    顎の骨が半分以上溶けて、歯のグラつき・出血・膿もひどくなります。悪臭を放ち、ものを満足に噛むことができません。ここまで進行してしまうと、歯が抜け落ちてしまいます。
    歯周病はその段階に合わせた適切な処置が必要になります。当然ながら、初期のうちに治療してしまえば簡単に済ませられ、負担も軽くなります。歯周病かな?と感じたら早めに歯科医院で診察を受けるようにしましょう。
      


  • 2016年12月21日 Posted by koikerina at 17:32Comments(0)

    予防歯科に力を入れています

    むし歯・歯周病を予防するためには、一度来院して検査や治療を受ければ大丈夫というわけではありません。検査によりご自身のリスクをきちんと理解していただくこと、リスクを除去するPMTCやスケーリングを受けて原因であるバイオフィルムを除去すること、ご自身がブラッシングで毎日しっかりと口腔ケアを行っていると思われていてもきちんとできているか確認すること、さらにお口に合う歯ブラシやフロスなどを選び処方することが予防歯科の基本と考えています。そして、このような診療を定期的に継続していくことが歯を守る上で最も大切です。
    ポータブルレントゲン
    むし歯のリスク検査
    むし歯を予防するためには、患者さんのむし歯のなりやすさや進行のしやすさを把握する必要があります。

    PMTC
    むし歯・歯周病を防ぐためには、原因となるバイオフィルムを徹底的に取り除くことが重要です。PMTCとは、ブラッシングや洗口剤では十分に落とすことができないバイオフィルムを専門的な機器を使って徹底破壊するプロフェッショナルケアです。
    歯科用材料

    スケーリング・ルートプレーニング
    歯周病もむし歯と同じくバイオフィルムの中で繁殖する細菌が原因で、原因を除去しなければ進行を止めることができません。一般的に<歯石取り>といわれるスケーリングで歯の表面に付着したバイオフィルムや歯石を取り除き、再びバイオフィルムが付着しにくくなるようにルートプレーニングで歯の表面を滑らかにします。
    スリーウェイシリンジ
    ブラッシング指導
    ブラッシング(歯磨き)は、ただ歯ブラシで歯をこすっただけでは十分に汚れを落とせていません。むし歯や歯周病の原因菌をしっかりと取り除けるよう、補助的清掃用具の使い方や、お口に合った歯ブラシを使った正しい歯磨きの仕方を担当衛生士が指導いたします。  


  • 2016年12月20日 Posted by koikerina at 18:04Comments(0)

    歯周病は日本人の歯を失う原因のトップは歯周病です

    第1段階:歯肉炎
    歯周病原菌が、歯と歯茎の隙間に侵入すると、歯肉は炎症を起こし、赤く腫れて出血します。この段階はまだ歯肉に限局した炎症なので、適切なブラッシングと歯科医師、歯科衛生士によるプラークと歯石の除去など、適切なケアをすれば、歯肉の炎症は治まり、正常な状態に戻ります。

    第2段階:軽度の歯周炎
    歯肉の炎症が深いところまで達し、歯と歯肉の溝の深さが深くなり「歯周ポケット」が形成されます。歯と歯の間の歯肉は赤く、丸くなってきます。この段階では異変に気付かない人がほとんどです。この状態でも、第1段階と同じように、適切なブラッシングとプラークと歯石の除去などの適切なケアで回復が可能です。
    歯科材料

    第3段階:中等度の歯周炎
    炎症はさらに強く広がって、歯肉の色はピンク、赤、紫が混在した状態に。また、歯肉は本来歯を覆っていた位置から下がり、歯の根元付近が徐々に露出してくるので、歯が長くなったように見えます。歯肉の内側では歯を支える歯槽骨がとけ始めます。歯の違和感やグラつき、口の中のねばつき、口臭などの症状が現れますが、まだ気付かない人も多くいます。第3段階以降はプラークの除去などの治療だけでは改善されないことも多く、手術(歯周外科治療)を行うこともあります。

    第4段階:重度の歯周炎
    歯肉はさらに下がって歯と歯のすき間も目立つようになります。歯槽骨もだいぶ溶けてなくなっています。歯肉からは膿や血が出て口臭は一層強くなり、歯がぐらつきます。歯が不安定になるので、本来の位置から動いて歯並びが悪くなったり、十分に噛めなかったり、発音しにくくなることもあります。ブラッシング、プラークや歯石の除去、手術などさまざまな方法を総動員して治療しますが、歯を救えずに抜歯になり、入れ歯やインプラント治療が加わることも少なくありません。
      


  • 2016年12月15日 Posted by koikerina at 17:29Comments(0)